デスクトップビデオの最近のブログ記事

 

そもそもDVDってなんだ?

 DVDがメディアとして面白いところは、家電のプレーヤー、各種OSのコンピューター、ゲーム専用機などに共通 のコンテンツを提供できることだ。  現時点で各プラットフォームで共通に利用できるメディアとして、4.7GBというのも大容量 と言える。  映像のメディアとして最適な要件を備えて登場したDVDだが、発表から3年目を迎えて、ようやく200万台まで普及してその動向が注目されはじめている。しかし、その半数は数カ月前に発売されたゲーム機が稼ぎ出していることを忘れてはならない。

 もともと「映画コンテンツを入れるための規格」のようなDVD-Videoは、その受け皿であるホームシアターDVDプレーヤーの伸びが拡大していない事実を見れば戦略の失敗は明らかだ。映像コンテンツの特性として、ビデオテープ完パケで終了できる内容なのに、VHSなどのテープメディアからDVDへ乗り移る理由が見つけられないことも大きな原因だろう。 しかし、一度DVDを手に入れてしまうと、VHSに戻れないのも事実だ。確かにDVDは映画に向いているのだ。しかし乗り移るほどの理由にはならない。 もっとDVDでなくては実現できない映像の世界があるはずなのだ。

 

ビデオ制作とDVDオーサリング  

ビデオの演出が時間軸に乗って構成されることに対して、DVDの特徴は、条件分岐を可能にしたところとも言える。 言い換えると紙に印刷した書籍に対して、インターネットのホームページのようにハイパーリンクで結ばれたテキストにも似ている。

従来の映像演出の元になる台本では、分岐に対してイメージを組み立てることに無力である。 LD-ROMやCD-ROMなどのプログラムで映像を分岐させるシステムには、構成を考えるベースにコンピュータを利用した「しくみ」の概念が大きく活かされていた。 DVDのオーサリングも、その機能を活用するために全体のイメージを捉え、そのイメージを制作スタッフや、クライアントと共有できる青写 真が求められている。

DVDを意識した仕組みを取り入れて、ビデオ素材の編集を完成させていくためには、DVDで可能になる「切替え」と、「分岐」の概念に演出が慣れておく必要があるのだ。 同じコンテンツをネットワークで利用する時でも、そのロジックは成立するのだから。

DVDの演出に役立つ機能  

DVD機能特徴

1:「切替え」 同一時間の音声で映像のみを切り替える 同一時間の映像で音声のみを切り替える スーパーインポーズするサブピクチャーを切り替える プログラムにより映像を切り替える プログラムにより音声を切り替える

2:「分岐」 静止画メニューにより映像を選択する 動画メニューにより映像を選択する プログラムにより映像を選択する  ビデオ編集の演出が時間軸に制限されたストーリーの前後バランスにあることに比べて、DVDはストーリーの分岐や切替えに演出のポイントがある。

「切替え」と「分岐」を組み合わせて使うことで、より複雑なコンテンツをデザインすることができる。もとい、ユーザーから見たインターフェースを簡単にデザインすればするほど、裏でプログラムする仕組みが複雑になってしまうのだ。

プログラムを本格的に意識すると、DVDは多くのプラットフォームで再生可能な反面 、窮屈な規約で固められているので演出上の制約は多い。

DVDの機能を実現するリモコンのボタン操作  

  • 矢印キー(上下左右の方向へ選択の領域を移動する)
  • エンターキー(選択された項目の実行)
  • ネクストキー(次のチャプターなどへの移動)
  • プレビアンスキー(前のチャプターなどへの移動)
  • メニューキー(メニュー画面への移動)
  • タイトルキー、アングルキー、Audioキー、10キーなど

機種によって表現が変わる場合はあるが、基本的には上記のボタンは完備している。

パソコンの再生ソフトで実行する場合はマウスによる選択が可能なケースが多い。

インタラクティブ(対話型ソフト?)なコンテンツを発想する時にメニュー画面からのボタン選択をユーザーに迫ることになるケースが多いが、できるだけ簡単なボタン操作で希望する結果 が得られるようにデザインしたいものだ。 さらに、複数のメニュー画面でのボタン操作はロジカルに整合していることが求められる。  

例えば上下方向に選択肢の変化を、左右で階層レベルの変化を規則化するなどの統一感が欲しい。 リモコンボタンの能力から考えても複雑な方向へのナビケーションは迷惑だ。

 

ボタンアニメーションの悲劇

また、CD-ROMなどで多要されるボタンアニメーションやクリックサウンドなどの演出はDVDプレーヤーの性能を考えた場合、避けるべきだろう。 パソコンなら常識的に行えるボタン画像データを事前にメモリーへプリロードさせておくような芸当が出来ないのだ。従ってボタンを押すと、動きのトロいDVDディスク上の他のアドレスにある画像データをアクセスしにいき、その結果 を表示したり、サウンドを再生終わるまで、ユーザーに全ての作業を待たせることになる。しかも、反応が遅いので何度もクリックしたら最後、その回数分全て実行しないと抜けだせない悲劇が待っている。

 

DVDプレーヤーが認識するシステムパラメータ

 各設定はプレーヤーの仕様によって異なるが、前回利用した時の設定を引き続き継承する場合が多い。 再生するリージョナル(地域別)コードとの照合 パラレンタルブロック(視聴制限)との照合 標準言語の設定(日本だと日本語が標準になっている) 音声モード テロップ表示 アングル設定 16:9レターボックス対応への設定など プレイヤー自体の設定をコンテンツ側から変更することは出来ない。

オーサリングで設定できるパラメータ

システムパラメータ( SPRM )

プレーヤーが認識するための情報を提供する。 何も設定しないことも可能だが、各オーサリングソフトで標準で設定されるパラメータまかせになる。

グローバルパラメータ( GPRM )

コンテンツ設計者が自由に利用できるパラメータを入れるコンテナ的な入れ物。 ユーザのオペレーションの履歴などを記録し、プレーヤーの動作を補正すること等ができる。 GPRM には、 0 から 15 までの 16 個の変数がある。正確な値を指定したり、1 秒ごとに値を増やすことなどができる。

タイトルでGPRM を使用する例。  

プレーバックの後も選択ボタンをハイライトしたままにしておくハイライト表示を作成できる。これによってそのメニューが以前に選択されたことがあることを示すことが可能だ。

ナビケーション履歴も記録できるので次の選択肢のでデフォルト選択にバイアスをかけることも可能だ。さらに、選択傾向を分析してボタン操作をさせずに分岐の方向を演出者の意図で変更することも可能だ。 これはマニュアル、教材などにはうってつけの機能だ。

コンテンツの導入部分でユーザーの指向性を分析するような仕掛けをデザインしてみてはいかがだろう。

しかし、CD-ROM制作で利用されるM.M.DirectorのLingoなどと比べてもかなり見劣りするコマンドしかDVDは利用できないので、プログラムに工夫が必要だ。

 

一般的なビデオ編集スタジオを利用したDVD制作へのアプローチ。

ビデオ制作のプロセスと、ホームページデザインのエッセンスを加えたようなDVD制作の流れを考えてみよう。

現存するメディアの集大成のようなDVDは、特徴としてディスプレイにビデオモニターを利用することで、制作プロセスもビデオプロダクションが加担する割り合いが多くなってくる。また、様々な素材を利用できることから比較的大規模な制作の場合、多くの異業種スタッフが参加することになる。 そこでタイトルデザインの演出が分散しがちになるので注意が必要だ。

作業の流れを確認しておこう。

  • 素材の映像、音声の作成編集。
  • エンコードとオーサリング。
  • 製品プレス。

プレス行程は純粋な工場での行程になるので、中心はオーサリングと、部品となるビデオの制作、オーディオの編集に集約される。

従来のアプローチだと、はじめに完成原盤のビデオありきで企画がスタートすることが多いが、今後はオーサリングから考えて必要なビデオの制作を行うことになろう。

選択する機能があると言うことは、ユーザーが目も触れずに埋もれる素材もある訳で、効率的に制作しないと多くの無駄 が発生してしまう。 しかし逆に考えれば、多様なユーザー指向に限り無くフィットしたパターンの映像を仕組める可能性もあるのだ。

様々なバリエーションのCG素材、パターンの違うバックの静止画、対象の年令を意識したナレーション、顧客向けや、従業員向けに考慮したテロップなど。 同じ台本でも演出手段は様々だ。

重要なのは、どのように選択したとしても、ユーザーが過ごした時間の上では、選んで視聴した順番の時間軸が、確実に存在すると言う事実だ。

演出はその組み合わせ全てに心を通わせる必要があるのだ。

ビデオ素材が完成したらDVDで利用できるデータ形式にエンコードする。

この行程がDVDの画質を決定する重要な作業だ。 安価なシステムでも高いビットレートであれば、それなりに画質を確保できる。 重要なのは必要な素材量をすべてディスクへ搭載するために、ビットレートが押さえられた場合でも高画質を維持できるかどうかの問題だ。 この問題はエンコーダーの価格で解決するしかないのが現実だ。 だてに高価な値段をしているのではないことを実感するだろう。

素材の中で、静止画の扱いは2種類の方法がある。 ビデオの編集で利用する時間制限を持った静止画と、オーサリングの段階で静止画として登録し、プログラムで時間を自由に設定できる画面 だ。 ジャンプした場合の立ち上がりなどの特性を考慮して使い分けると良いだろう。

静止画のバックでループするサウンド効果なども特徴的な素材だ。

また、メニュー画面に動画を利用することも可能だ。

 

オールインワンDVDシステムでオーサリング実習へのすすめ。

昨今のノンリニアビデオ編集の環境に大きな変化が見られる。

非常に安価なシステムでありながら、リアルタイム処理が多く採用されてきただけでなく、DVDオーサリングソフトのバンドル、そしてネットワークで利用できるストリームビデオの変換機能がバンドルされているのだ。

体験することが最大のトレーニングである映像制作の分野で、この価格は個人のディレクターの必須アイテムになるに違いない。

もともとCGをつくり出す環境にビデオ映像を扱えるようにしたシステムだから、パソコンに詳しい方には理解しやすいが、ビデオ制作をアナログ手法でこなしてきた方には、さらに取っ付きにくいのが難点だ。

しかも従来では、多くのスタッフで分業していた作業をワンマンカーのごとくに、一人でこなさなくてはならないのだから、覚えることは山のようにある。

また、このクラスの機器で業務用の作業をこなそうとすると、かなりの個人的なスキルを要求されることを付け加えておこう。

ここは覚悟をして飛び込んでほしい。

はじめにオーサリングのイメージありきなのは当然だが、バンドルされている入門用のオーサリングソフトは機能がかなり限定されている。 そこで、目的を明確にして作業を行う必要がある。

オーサリングは基本的にはメニューからの分岐しか行うことが出来ないので、素材の編集も、メニュー画面 から呼び出されたビデオクリップを意識して仕上げておこう。

オールインワンシステムの便利なところは静止画素材の作成が、同じビデオ素材からも簡単にできる点だろう。特徴を活かしたメニュー画面 をデザインしよう。

CG素材もうってつけだ。 アニメーション素材なども多く用意しておこう。

簡単なサウンド制作機能もバンドルされるていることが多いので、これも活用しよう。

短かめのビデオ素材をたくさん作ってオーサリングへ持っていこう。

AVIファイルやQuickTimeのデータをDVDで利用できるMPEG2へトランスコードする。

機種によっては初めからMPEG2でキャプチャーして編集している場合もあるが、DVDで利用するためには、ここでもフォーマットの変換が必要になる。

静止画などは自動的に変換して取り込んでくれるので重宝する。

準備が出来たらオーサリングを始めよう。 メニュー画面でボタンを設定して、素材ビデオとリンクすれば完成だ。 実に作業は呆気無い。

しかし、この中で演出の手法を磨いてほしいのだ。

分岐をくり返して続いていく映像の構成手法を考えていただきたいのだ。

オーサリングが終了したら、DVDディスクイメージを作成する。

ここで出来上がったイメージをDVD-R(現在はパイオニアのS-201しかない)があればDVDビデオを作ることができる。

しかし、高価なDVD-Rはおいそれと利用できる環境は少ないだろう。

そこでお勧めはCD-Rでの作成と、ノートパソコンにコピーしておく方法、ファイルサーバーに置いて利用する方法だ。

コンピュータでの利用が前提となるが、ソフトでDVDイメージを再生することができるのだ。

専用の再生環境(DVDデコーダボード)などがあればビデオ出力をテレビ画面で楽しむこともできる。

DVDの再生はPCの画面一杯に動画を見せられる迫力をプレゼンテーションに利用できる。

従来ではMPEG1の拙い画質と、小さな画面でプレゼンテーションしていたところを大画面 に変えられるメリットは大きい。

ネットワークへのリンクも予定されている。 重い映像はDVDで、更新する情報はWebから提供できるようにお互いのコンテンツをリンクする機能も登場してくる。

さらに、ストリームビデオのフォーマットで出力することで、Web上からビデオクリップを世界中に見せることが可能だ。

日本の高額なネットワーク料金を考えると現実感がないが、ネットワークでテレビを見る環境は、すでに現実のビジネス応用の世界へ入っているのだ。

社内LANでぜひ試していただきたい。

画面一杯に見える映像をネットワーク越しに配信することが、もう未来の話ではないことを。

 


映像制作の企画段階では、作品の流れは監督の頭の中にしか存在しない。
グループで制作を行う場合、このイメージを共有することが必要だ。
また、スポンサーなどの発注者の以降を確認するためにも監督のイメージを表現する方法が必要だ。そのために絵コンテを作成するといっても過言ではない。
特に登場人物の動き、被写体の扱いなど、撮影前に確認する画面の構成には多くの要素が含まれる。場合によっては撮影機材を大きく変更する必要を絵コンテ段階で読み取っておく必要もある。つまり、予算管理上も必要な書類といえるかもしれない。
重要な意味を持つ絵コンテではあるが、従来では手書きのラフ絵をコピーでサイズを合わせて切り貼りする手法が主体だ。この方法だと、画面の中の細かな変更に対応させるために多くの手数がかかってしまう。
さらに、絵心がある監督なら良いが、手書きで画面の説明ができる監督が減ってきている憂うべき現状もある。
さて、今回ご紹介するのは、三信電気で扱いを始めた映像制作のプロに向けた、絵コンテをパソコンで仕上げるありがたいソフト、「StoryBoardArtist」だ。スト-リーボードアーティストは、紙に出力する絵コンテ作成も出力のパタンを簡単にアレンジできるだけでなく、タイムラインを組み合わせてパソコン画面上で映像の順番をプレビューするリアルタイムスライドショーで確認する機能も持ち合わせている。言葉などの間と、必要な画面を確認するのに大変便利だ。
近年のネットワーク時代に対応してHTML出力も可能なので、ストーリーボードを簡単にWebのページで閲覧する事ができる。

実際のソフトを見てみよう。
起動すると空のフレームが表示される。ここに最初の画面をデザインするのだ。
その前に画面のアスペクトを調整しておこう。
SDテレビサイズなのか、HDか、はたまたシネマサイズの画面なのか、制作の用途によって設定しよう。


新フレームを作成すると、同時に、フレームのサムネイルイメージはタイムラインウィンドウ自動的に作成される。各新フレームは連続した番号になりますし、フレームもまた、フレームオーダーがサムネイルシャッフルウィンドウでシャッフル/再構成される場合、変える事の出来ないユニークな名前が付けられる。


次に、画面に必要な登場人物などのイメージをライブラリーから取り込んでくる。様々なイメージがデフォルトで用意されている。もちろんロケハンなどで撮影してきたデジカメの画像を利用する事で、臨場感を高めていける。
これらのオブジェクトは再利用が容易なので、仕事を重ねるたびに財産を増やしていく感覚だ。
画面の中に注目してみよう。取り込んだ画像はオブジェクトとして個別に扱えるので、前後関係を変更したり、単独で大きさを変更する事ができる。


面白いのは、ベクトル情報をもつキャラクターだ。
このキャラクターは3Dモデルのように回転させたり、アングルをハイ、ミドル、ローに切り替える事ができるため、画面の中で自由に方向を決めて配置する事ができるため、非常に便利だ。
フレームには目安のTVセフティーゾーンも表示できる。
変わったところでは、QuickTimeVRの貼り付けができるので、任意の方向をコンテのフレームに使用していくことも可能だ。


フレーム内の画面が決まったら、キャプションを付けよう。内容としてはト書のような扱いだ。シーンの撮影場所や登場人物、動きの描写、効果音の指示など必要と思われる項目を入力しておこう。
キャプションは2種類つけられるので、次のキャプションにはナレーション原稿などを入力しておくとわかりやすいだろう。
最初のフレームが終了した後、次のフレームへは2種類の追加方法がある。
まったく白紙のフレームを追加するケースと、同じ内容を複製する方法だ。
サイズや方向を変更する事が容易なので、複製して登場人物の位置関係や方向を変更するだけで、このフレームも完成する場合もある。
次に面白い機能がカメラコントロールだ。


簡単に表現すると、実際にカメラを移動したときのように画面の構成要素はそのままで、位置関係を変化してみる事ができるものだ。これも3Dソフトの経験のある方ならわかりやすいだろう。
タイムラインにフレームを並べていき、必要なら音楽やナレーションも取り込んでカットの秒数を合わせることもできる。


ここまで出来たら、簡単に試写を行う事ができる。タイムラインに載ったシーンが音声とともに順番に見ていくことができる。ストーリーボードアーティストでのRun Showの作成は自動で生成される。プロジェクトを数フレーム作成したら、Run Showも既に作成されていることになる。コマンド一発でストーリーボードのスライドショーが始まる。
これらを終了させたい場合は、スペースバーもしくはESCキーを押してとめる事ができる。
これでフレームのつながりや、画面構成の検討を行う事がやりやすくなった。
さて、完成したストーリーボードは、印刷する方法が簡単に選択できる。
1ページの用紙に何コマを配置するかなど、設定が簡単に行える。


さらに画期的な点は、完成したストーリーをインターネットを介して閲覧する事ができるようになる。
つくづく便利な時代になったものだ。


 

 

コンピュータで映像制作するグループが共通して直面する問題の一つに、膨大な動画素材の共有という要求がある。一般的な事務データならファイルサーバの共有ボリュームに保管して、ネットワークを利用するユーザーが自由にアクセスすることで解決する。だが、非圧縮の映像素材は、キャプチャーをおこなったマシンや、CGをレンダリング出力したマシンに直付けされた膨大なディスクスペースと、高速のアクセスを要求され、をおいそれと移動もままならない。他のマシンからプレビューを簡単に行うことは不可能に近い。
大容量すぎるデータゆえ、ファイルサーバでの共有も行うところは少ない。
システムに予算をかけられるところではファイバーチャネルなどのSAN環境を構築して、はじめから共有を実現している。しかし多くのプロダクションではオーバースペック(金額)の設備になりやすい。
重要なところは、どのマシンに、どのような素材が保管されているかを一括して検索、管理できれば、かなりの無駄が省けるわけだ。

☆アセットマネージメントのためのデータベース管理システム「thiiDa」
今回紹介するのは「株式会社ビジュアル・プロセッシング・ジャパン」(http://www.vpj.co.jp)の提唱する、「thiiDa」(ティーダ)というネットワークにある素材を一括管理するデータベースシステムだ。

動作環境として、サーバ自体はWindows2000/XPでのSQLサーバで作動するが、素材を管理する対象はWindowsのみならず、Apple Macintosh、SGI、Linuxと、CGや映像、画像制作に必要な環境を網羅している。
検索可能な対応フォーマットは以下のとおりだ。

・ iff
・ avi
・ cin
・ pic
・ rgb,sgi
・ rpf
・ tiff,tif
・ als,alias,pix,alsz
・ ct,ct16
・ jpeg,jpg
・ mov
・ rla
・ tga,targa
・ yuv,qtl
・ etc…

ごらんのように、業務利用のCG、画像、動画フォーマットの多くをサポート済みだ。

ティーダの特徴はデータベースへの登録をローカルマシン上で動作する「thiiDaデーモン」と呼ばれる常駐型のソフトが自動的に行ってくれる点だ。Windows、Mac、SGI、Linuxに準備されている。
専用クライアントからはデーモンの作動している各クライアントが保有する最新データを、転送量の軽いプレビュー用プロキシ-画像で確認することができる。
しかも素材の管理状態が把握しやすい階層構造を保持したまま検索が可能だ。

インストールは管理が必要なマシンすべてに「thiiDaデーモン」を導入することから始まる。
監視するディレクトリを指定したら、あとは操作を気にする必要はない。新規にデータが作成されると、デーモンはプロジェクト名、ファイル名、ファイル保存先、ファイルフォーマット、ファイルサイズ、画像の縦横サイズ、色深度、ファイル所有者、ファイル作成日、最終更新日など、検索に必要な情報をデータベースへ自動的に書き込んでくれる。さらに、データ検索用の低解像度データ(プロキシー)も自動的に作成してくれる。これは便利だ。
もちろんレンダリングイメージなどは、画像を修正、保存するたびに最新のものへ更新される。

プロジェクト管理から見てみよう。
ティーダではファイルサーバやクリエータのローカルマシンなど、ネットワーク上のさまざまな場所にあるデータを、そのまま移動せずに場所情報をデータベースで一元管理できる。
ティーダのインターフェースは、わかりやすい画像のサムネールと、ファイル操作のためのエキスプローラでシンプルに構成されている。
プロジェクト名を定義すると仮想的に、さまざまな場所にある素材を一元管理が可能だ。
作業に必要な素材を確認したら、エキスプローラの任意のディレクトリへドラック&ドロップするだけでオリジナルデータの転送を行うことができる。
動画の閲覧、確認もプロキシで低解像度のプレビュー再生が可能だ。

「画像サンプル(C)ARTBEATS」

データ検索、プレビュー
自動的に記録されるファイル作成日や更新の情報や、さまざまなメタデータをキーに高速な検索が行える。一度検索した状態から、さらに絞込検索も可能だ。
重要なポイントは、ティーダは実際のメディアファイルを検索するわけではないので、高速で、ネットワークトラフィックも最小に押さえることが可能だ。

アーカイブ、バックアップ
ティーダはアーカイブに対しても有効だ。通常ではデータをストレージテープなどにアーカイブすると、データはHDDから削除されるため、データのトラッキングは困難を極めるが、ティーダでは、データをアーカイブしてもデータベースに記録や、プロキシー映像は残るので、通常のファイルと同様に検索が可能だ。プロキシーにはオフライン表示がされ、アーカイブテープを特定できるため、そのテープから簡単にレストアさせることができる。戻す先も記録があるため正確に復活させることができるのだ。


さて、さまざまに便利なティーダだが、取って置きのオプションを紹介しよう。
それは「Discreetインターフェース」だ。
映像制作のハイエンドシステムとして重宝されるDiscreet社のInferno/Flame/Smokeなどで採用されているStoneディスクアレイシステムは、従来では一度InfernoのHDDを経由しないと外部から映像データをやりとりできなかった。
これは素材の移動ですら高価なInfernoルームの貴重な時間を無駄にする原因となっている。
しかもHDDからStoneにコピーするのも結構な時間がかかっていた。
そこでティーダのオプションを使うとStoneのディスクへネットワークから直接アクセスすることが可能になる。つまり、映像を直接書き込むことや、連番画像として取り出すことが容易にできるようになるのだ。
目からうろこが落ちるように感じられるかたもいるだろう。

現在は単純なメタデータの検索に限られるが、動画像の中で特徴を検索できるようなインデックス機能を充実していったら、さらに使いやすくなるだろう。今後に期待したい。

 

 


■ デジタルビデオデータを利用するためのハードディスク

ビデオの記録をデジタルで管理するとき、D1、D2、SX、Digital-βCAM、DVCAM、DVCPROなどのテープで収録し保管するケースが多いだろう。
完パケでも、テープ保管は、コストパフォーマンスの面でも、現在考えられる最良の方法だろう。近年のアーカイブでのデータ保管ストレージも、価格的にテープの媒体量/単価を下回るまでにいたっていない。しかし、利便性を考えたときには、サーバーは圧倒的に有効だ。
使用頻度をある程度以上見込めるデータはハードディスクに入れたままにしておきたいものだ。
近年の圧縮技術をもってしてもHD編集を意識した素材環境に要求する仕様は厳しい。
大容量になればなるほどバックアップも時間がかかるし、保存と保存のインターバルでの空白期間に、ピンポイントで狙いをつけたようにトラブルは発生するものだ。
基本的に覚悟しておかなくてはいけないことだが、コンピュータ関連機器は、時間の問題で、必ず壊れる。
この壊れたときの被害を最小限にするためのコストが、逆に被害額を上回らないようにするコストバランスが必要なのだ。

●ディスクRaidはドライブの故障からデータを守る。

一方、OSに依存しないで複数のハードディスクを一ボリュームとして認識させるRaid機能を持つ製品は、ハードRaidシステムとして存在する。従来サーバー用途などのマルチユーザーアクセス、ノンストップ利用を前提としたシステムが多く、大容量データ保管、連続大データ転送を要求されるビデオ編集にはセッティングが合わなかったり、ハードRaidは価格が高かったりで、なかなか手が届かなかったのが実際のところだろう。
しかし、データを守るという点では、OSに依存しない独立したプロセッサー(ディスクコントローラ)を有するハードRaidは、単体ディスクは壊れることを前提にした場合、必須とも言えるシステムだ。これは、ディスクをフォーマットしなおしてから、再びビデオテープからのキャプチャを行う手間との価格バランスになってくる。

● 安価な大容量ハードRaidシステム

ノンリニアシステムの初期のころから筆者が気になっていたメーカーがあった。
当時はIDEのRaidでは不安定で、コマ落ちの心配があったので、よほどの圧縮映像に限定した仕様以外は使ってこなかったが、名前からしてビデオ編集に特化したハードRaidの製品を発表してきた「medea」社だ。独特のディスクコントロール手法をもって、IDEの欠点であったOSへのオーバーヘッドを回避し、ハードディスクの内周と外周のスピード差も複数ディスクでバランスする仕組みを提供している。この結果、ビデオ編集に最適な、安定した大容量転送を安価なIDEディスクで可能にしているのだ。実際にVideoRaid RTRはデータ保護性のないハードディスクを筐体に収容しただけのストレージと価格面で競争している。
近年「VideoRaid RTR」を発表し、高性能をアピールし、シングルユニットでAJA, Avid, Digital Voodoo and Pinnacleなどの非圧縮リアルタイムにオフシャル対応。他にもDPSなど多くのノンリニア機器メーカーの認証を獲得している。
さらに2台のRTRをデュアルチャネルSCSIホストアダプタに接続することで1080i HDノンリニア編集システムにも対応している。
新社屋に移るテレビ朝日本社のHDシステムに20セット以上の納入が決まったのも信頼が裏づけされた結果だろう。

●めったにできない実験。動作中のドライブ交換。

従来高価だったRaid3のコントロールを可能にしたVideoRaid RTRを、実施に使用してみた。
もちろん、パフォーマンスでは問題ない。
試しに、ビデオを再生中に任意のディスクを引き抜いてみた。(実際の仕事では怖くて試せない)
理屈ではわかっていても動き続ける姿に感心してしまう
VideoRaid RTRは、データの消失やパフォーマンスの低下も無く、何事もなかったかのように動作しつづける。再度挿入すると、自動的にリビルドが開始する。まったく手間がかからないのだ。
ちなみに、通常のRaid製品は、ドライブ故障時に50%以上も転送速度が低下することが多いので、実際はりビルトが完了しないと作業には使えないことが多い。
導入しやすい安価なシステムには感じられないほど、運用中の安心感は絶大なものがある。
ノンリニア編集で溜まってきた、使い回しの多い貴重なデータに悩んでいる方は、早めに安心を手に入れることをお勧めしたい。
作りこんだデータは、思った以上に貴重なものが多いのだから。

 

ノンリニア編集の製品群がDVをソフトオンリーで稼動する安価なバージョンに人気を集めている。その中で投入されるハイパワーのバージョンにdpsVelocity-Qがあった。
昨年、放送機器メーカー大手のLEITCH社に買収されたdpsは、豊富な開発資金を得て一気に高性能化を実現したようだ。Velocity-Qは、新設計のQuattrusというボードにより4ストリームと、6グラフィックの同時再生を可能にしている。しかもビデオ信号にAlpha Channelを同時に含むことができるのだ。
Quattrusを採用したdpsVelocity-Qは、4ch 3D DVEをリアルタイムで実現してくれる。
今回大幅に機能強化されたVelocityのバージョン8と合わせて、dpsVelocity-Qのレポートを、InterBEE直前に日本に届けられた貴重なQuattrusをお借りしてお届けしたい。

早速試用してみよう。売り物は4ch 3D DVEだ。これが実にパワフル!
DVEといえば10年ほど前のアナログ編集室に1chのDVEが導入されて、ワイプしかできなかった画面効果に、画期的な演出手法がもたらされた。しかし、1chの悲しさで、多くのやりくりをへて多面合成などを行っていたものだ。ほどなく多チャンネルDVEが導入されると、1chしかDVEの無い編集室はまったく利用しなくなった覚えがある。
今回のdpsVelocity-Qの印象はまさしく、1ch DVEのノンリニアへ戻りたくないという気持ちを強くさせる衝撃的なものだった。

 

プロモーションビデオなどで利用するケースが多い、2画面のピクチャーインピクチャーなどの比較映像をリアルタイムで実現したり、キューブ表現をリアルタイムで実現したり、画面の4分割演出をリアルタイムで実現するなど、従来ではレンダリングを覚悟していた作業だけに、あっけない完成がうれしい限りだ。
面白いのが、4CHを超えたDVEの処理の仕方だ。
例えば8トラックのクリップへDVE処理を施した場合、当然リアルタイムでは再生できない。
ここでレンダリングをさせると、従来だと1フレームごと画面を計算して相当の計算時間を覚悟しなくてはならないが、dpsVelocity-Qでは、まったく違ったアプローチで処理を行うのだ。
はじめにリアルタイムの限界である4トラック分のDVE処理を実時間分で行う。次に残りの4トラック分を同じく実時間分で行うのだ。つまり、2回の再生時間で8トラック分のレンダリングが終了してしまうのだ。

dpsVelocity-Qの特徴は、そのパワフルさにあるが、バァージョン8になったVelocityの新機能もあわせて注目してみたい。
ソースコードから見直されたVelocityは、まさに痒いところへ手が届くような進歩をしている。


目に付く大きな変更点はマルチタイムラインの導入だ。他のソフトで多く可能な機能なので、待ちわびていた感があるが、複数のタイムライン、複数の素材Galleryをタブで切り替えるだけで持つことができる。これによって他のタイムラインと比較しながら作業を行うことができる。クリップやエフェクトの情報など、複数の要素をまとめてコピー&ペーストで移動することもできる。これは便利だ。また、バッチキャプチャーで任意のGalleryへクリップを振り分けることを設定することもできる。これによってカテゴリー別に分けたり、シーン別に集めたりしやすくなった。

新機能として「Multicamera Editor」マルチカメラエディットの実装だ。同じタイムコード素材を複数タイムラインに並べて同時に再生させ、スイッチで切り替えるように編集をリアルタイムに進めていくことができる。もちろんコマ送りをしながら切り替えポイントを微調整することも可能だ。標準のdpsVelocityでは2ストリーム。dpsVelocity-Qでは4ストリーム同時に実行できる。


あわせて便利な機能としてショートカットキーのカスタマイズができるようになった。
先のマルチカメラの切り替えでも、使いやすいキーを割り当てられるので、迅速な操作が可能だ。

タイムライン関連の大幅な改善で、編集時の現在地点把握や、範囲変更などが簡単になるなど、使いやすさは増している。
複数のタイムライントラックの幅をショートカットキーで自由に変更できるようになったので、省スペースで表示したり拡大したりすることも自在だ。頻繁に使用しないトラックを非表示にすることもできるようになり、作業時の誤操作を防ぎやすくなった。

希望が多かったトラックのミュート、ソロの設定も可能になり、さらにロック機能も追加されて実際の編集作業をよりやすくしている。

また、従来のV1トラック、トランジション、V2トラックで運用するA/Bロール編集の加えて、すべてを同一トラックに配置するシングルトラック編集のインターフェースも追加された。
これは、つながるクリップを重ねるように配置して流れるように編集を続けることができる。

さらにうれしい機能が追加された。V1トラック、V2トラックのクリップ入れ替え機能だ。
編集を進めていくと、クリップの追加などでA/Bの連続が崩れる場合が、ままあるものだ。
片側に連続してトランジションがかけられなくなった場合など、残りのクリップをA/B入れ替えることで編集を続行できるようになる。

同時に複数トラックの複数クリップに対してエフェクトをかけたり、まとめてカットしたりできるようになった点も評価したい。

エフェクトのキーフレーム設定でも、%単位の調整に加えて、フレーム単位の調整も出来るようになっている。

オーディオトラック表示も、従来ステレオ4トラック表示が標準であったが、モノラル8トラック表示に変更され、トラック毎にパニングなどの設定が容易になった。
オーディオの波形表示スピードも改善されたし、トリムウィンドウ内で波形表示がされるようになったので、細かな編集が容易に行えるようになった。


加えてプレイバック中にVUメーター横にあるフェーダーを直接操作することで、リアルタイムに操作を記録することが出来るようになった。

今回の試用には4ストリームを十分に送りださえるストレージとしてMedea社の新製品VideoRaid RTRをお借りしたが、5ドライブのRaid3仕様で快適なパフォーマンスを示してくれた。

大幅な進歩を遂げて登場したdpsVelocity8、そして強力なQuattrusボードのマルチDVEパワーは、新しい時代に入ったノンリニアシステムの姿を象徴しているようだ。

 

 

2000-9-20

 

尾上泰夫

New G4、そしてG4Dualの登場とAppleのパワフルなマシンがビデオの世界を変えはじめている。ともすると忘れがちなテープデッキとの接続を越えれば快適なノンリニアビデオ編集の環境が簡単に手に入る時代になった。

DVフォーマットの登場とMacintoshのパワーアップはデスクトップをプロ仕様のビデオ編集機に変えることになるのだ。ビデオ映像が簡単に扱えるパーソナルなデジタルの世界へやってきた。次世代デジタル放送の番組は豊富で多くのコンテンツを飲み込んで行くことになる。来るべき映像コンテンツ大量 生産の時代を目の前にしてハイビジョンでさえ編集可能になるMacintoshのデスクトップから発信出来る底力をじっくり味わってほしい。

一度取り込まれたデジタルデータは、多才なアプリケーションから扱うことで、編集のみならず、様々な合成素材としても利用出来る。さらに静止画として印刷物に加工することも容易だ。一度デスクトップに取り込まれたビデオデータは様々なアウトプットが可能になるのだ。いわゆるワンソースマルチユースの実現である。キラ星のように出現する多才なソフトウェアの魅力を余すところなく実現する強力なプラットホームに近付いたMacintosh。

もちろんDVフォーマットのままビデオテープへ作品を戻すこともできる。また、MPEG-2へ映像フォーマットをトランスコードすることによってDVDのオーサリングを行うこともできる。さらに、QuickTimeによるインターネットストリーミングビデオへの応用も可能だ。もちろんデスクトッププレゼンテーションのムービーメーカーとして健在なのは言うまでもない。

個人でも映像を多くの人に見てもらえるチャンスを持つことができる可能性は大きなビジネスチャンスになるだろう。ストリーミングサーバーもMac OS X サーバーを用意するだけで簡単に発信可能だ。

多くの可能性を秘めたビデオ映像データの扱いには様々なアプリケーションの組み合わせと、最新のテクノロジーベンチャーに支えられているMacintoshの恵まれた環境を徹底的に活用するユーザーの目と、確かな腕が求められている。

予算に応じてアプリケーションと機能を使い分ける、選べる時代に入ってきたと言える。

 

DVによって拡がるビデオ編集

IMovieによるビデオ編集へのエントリーが拡がっている。家庭でも簡単にビデオ編集が楽しめるという底辺拡大は大きな影響をもっているのだ。

一部の専門科しかできなかった作業を解放した功績は大きい。

簡単、シンプルであることは、それだけで大きな力になる。

一方、先輩格であるFinal Cut Proの機能も見てみよう。

リアルタイム処理に向けてはNABで発表された「MatroxのRTMac」の登場が待たれるが、Final Cut Proは、さらに高度な領域へ向かおうとしている。

Final Cut Proはノンリニア編集ソフトや、合成ソフトの他社製品から良い部分を多く吸収して、細かく設計された本当によくできたソフトだ。

ソフトのみで標準DV入出力を扱うことができ、サードパーティーのプロセッシングボードを利用することで業務用のアナログコンポーネントに対応したり、シリアルデジタルに対応することも、またハイビジョン対応も近日可能だ。

DVデッキやカメラとの接続もIEEE1394(FireWire)ケーブル一本(4-Pin to 6-Pin)で簡単にできるFireWireは、映像、オーディオ信号の入出力だけでなく、デッキ制御もDVタイムコードで確実にコントロールできる。

オーディオとNTSC映像のモニターは、DVデッキやカメラからアナログ端子を利用して行うことができるので接続しておこう。

このモニターは、カメラ出力だけでなく、Final Cut Proで編集した映像や、オーディオのプレビュー確認にも使用する。ここが双方向で利用できるFireWireの便利なところだ。

強力な合成機能を自由にカスタマイズできる「Filters」も便利だ。

カラーコレクションやポスタリングをはじめ、各種のビデオフィルターが同時に利用できる。しかも時間軸でキーフレームを使ってパラメータを自由に変化できるのだ。

さらに、注目のコンポジション機能は、まるでAfterEffectsのそれを思わせる充実振りで、プラグインもAfterEffects用のサードパーティー製品がそのまま使用できる。キーフレームを自由に使える「Motion」DVEの機能は、全てのクリップに利用できる。画面 の大きさを変える「Scale」ではキーフレームに合わせてスムースに大きさを変化させることができる。さらに、傾きをコントロールする「Rotation」や、位 置を制御する「Center」などを組み合わせて多彩な表現をすることができる。

もちろん、画面の周囲を切り込む「Crop」や、合成したときに下の画面 に写る影の具合をコントロールする「Drop Show」、移動していく時のブレを表現する「Motion Blur」なども含まれている。

キャラクタージェネレータのモーションエフェクト機能も凄い。

タイムラインへキーフレームを打って文字の回転や拡大はもちろんのこと、カーニングさえもアニメーションできるのには驚きである。

これでモーションタイポグラフィーは簡単に作成できそうだ。

デスクトップで可能なハイエンドコンポジション

合成と言えば、Commotion Proの高度な合成環境を忘れてはならない。

ハリウッドでは、映画スタッフがマスク作成のためCommotionを操れるマンパワーを探し回っていると聞く。特に細かな作業の得意な日本人は重宝されるそうだ。

Commotion3.1はこれまでのデスクトップ環境でのパフォーマンスを越えたパワフルなペイントブラシ機能と精密なコンポジット(合成)、そしてエフェクト機能を提供している。ビデオエフェクト、デジタルシネマ、Webストリーミングなど、多くの映像制作に利用することができる。

クリエーターがクリエーターのために設計したツールと言われるだけあって、痒いところに手が届くようだ。

強力なロトスコーピング機能を装備し、高速で精度の高いトラッキング機能を利用してブレの多い映像に高度にマスクを抽出することができる。

またペインティング機能では高精度のレタッチ機能とペインティングエフェクト機能があり、高精度なキーイング、コンポジションのクリーンアップツール、テキストエフェクトとその他のエフェクトが用意されいる。

解像度に左右されずに無制限に重ねられるレイヤー機能を装備しているのも特徴の一つだ。 PhotoShopと同等のトランスファーモード(合成モード)を利用してのレイヤー間の合成、キーフレームでのエフェクトの設定やトランスフォーメーション設定を利用したモーショングラフィックの作成など、ピクセル精度のフローブラーを装備。カメラの特性によって発生するモーションブラーを再現することによってリアルな合成映像を制作し、フルモーションのトラベリング・マットを複数重ね合わせての自由なアルファチャンネルの作成できる。

Webに利用されるような圧縮/非圧縮の映像の他、HDTV、DTV、そしてFireWireポートを利用することによって簡単に利用できるDVと様々な映像素材を確認して利用することもできる。

Adobeィ Premiere、Apple Final Cut Proなどの様々なノンリニア編集ソフトと組み合わせて利用可能だ。Adobe AfterEffects等の他のコンポジションソフトとのリレーション作業も優れている。

DVDへの出力

MediaPressSuite SDIでのDVD制作では、合成されビデオ編集の終わったデータをMPEG-2へ変換するとパッケージメディアで利用が可能だ。MediaPressSuiteは、リアルタイムMPEG-1,MPEG-2出力を可能にするWIRD社のシステムに、オーサリングソフトはソニック・ソリューションズ社 DVD Fusionを利用している。

同社の最高峰SONIC DVD Creatorはハリウッドの映画業界で多くのシュアを持つシステムだ。DVD制作環境としてMedia100などのノンリニア編集を更に意識したソニック・ソリューションズ社のMPEG-2トランスコーダーを搭載している。

オーサリング環境は快適に尽きる。直感的にわかりやすいリンク構造と、全体のデザインを整理するとDVDの完成は近い。

ネットワークでの映像配信

パッケージメディア以外にインターネットによるビデオストリーミング配信も強力な武器になる。

回線に接続するアナログ モデムの品質には制約があるが、ユーザーはオンデマンドのニュースやトレーニング、海外ラジオ番組、Web 専用イベント放送などを見ることができる。

企業は、株主総会の中継や "ジャスト イン タイム" な学習、さらに従業員、パートナー、コンシューマと直接連絡を取って、変化するビジネス環境に即座に対応する能力をストリーミング メディアの利益を得ることができるだろう。

さて、ストリーミングビデオは、どのように実現しているのだろう。

通常、インターネットの閲覧はWebサーバーへhttp(ハイパーテキスト・トランスファー・プロトコル)ブラウザーでアクセスすることによって成立している。

これはデータをコピー転送する仕組みである。

HTTP ストリーミングは、ムービーファイル全体をクライアント側のハードディスクにダウンロードしてから再生する。AppleのQuickTime やMicrosoftのAVIに代表されるムービーファイルは、ファイルサーバーやWebサーバー 経由で HTTP プロトコルを使ってコピー転送される。このファイルは Macintosh と PC の両方で視聴でき、データも、しっかりコピーされているので、クライアント側で繰り返し何度も視聴するようなものに向いている。

一方、RTP(Real Time Protocol)ストリームデータは、転送してきたデータを画面 表示したら、その場で破棄して行くことになる。

まさに放送局とテレビの関係のようなテクノロジーで、クライアント側のコンピュータをムービー配信するサーバに常に接続しておく方法だ。

ネットワーク上で時々発生するデータ配信の遅れをカバーするため3~10 秒分ほどのキャッシュデータが一時的に蓄えられるが、キャッシュデータも含めてムービー全体がクライアント側のコンピュータに残ることはない。

RTP ストリーミングは、長時間のムービーやライブイベントの中継などに向いている。

QuickTimeのストリーミングサーバーは、Apple社のオープンソースの方針で、ソースコードを開示しているので、多くのUNIXサーバーにコンパイル可能だし、メジャーなフリーUNIX用のバイナリー仕様もあるが、プログラマーでないと敷き居が高いので、バンドルされていてインストールのたやすいるMac OS X サーバー(BSD 4.0)を購入するのが懸命だ。

http://www.publicsource.apple.com/projects/streaming/

QuickTimeをはじめRealVideoやWindowsMediaのプレーヤーが利用可能な現在、映像配信は受けるだけでなく、だれもがコンテンツを発信することができる時代に入った。

 

2000-5-28

尾上泰夫

DC1000 & DVD1000の登場は1年以上前にさかのぼるが、日本への宣伝がほとんどされずに来た不遇の製品とも言える。

安価なDV500に比べ高額で、DV入力をオプション扱い、アナログデッキのコントロールなし。としているこの製品の位 置付けが筆者には分かりにくかったので、余り興味をもつこともなかった。最近になってY R-Y B-Yコンポーネント対応の製品DC2000が出てきて、マシンコントロールはProVTRで可能になり状況が変わってきた。

だが、DC1000/2000の本当のすごさはMPEG2のGOP構造の持ち方にあるようだ。

従来のビデオ編集で利用されるMPEG2はIフレームオンリーのものが多いが、DC1000では独自の「スマートGOP」と呼ばれるテクノロジーでIPP、 IBPフレームを扱い、リアルタイムのデュアルストリーム編集を行うことが出来る。

さらにMPEG2の情報を持ちながら4:2:2放送画質をAVIファイル形式として取り込むことも出来るので、AfterEffectsなどのソフトで加工が容易に行える。そして編集が終われば4:2:0のビデオムービーとしてMP@MLのMPEG2で保存が出来る。

重要な点はディスクメディアへのデータ変換スピードだ。

「スマートGOP」は編集可能な状態から、ディスクへ記録するMPEG2へ柔軟に変換してくれるのだ。

本来この製品ではDVDやMPEG2-CDなどのディスクプロダクションに最適な機能を提供していたのだ。もともとアメリカでは民生DVカメラよりもHI-8の方が普及していたので、このようなS-Videoを基本入力にしたMPEG2ディスク制作システムの市場は遥かに大きいに違いない。民生のVTR相手ならデッキコントロールの必要性も低い。

ビデオ編集の出力はテープへ戻すこと!を基本に眺めると違和感があったが、ディスクへ出力する専門のビデオ編集機としては秀逸の出来だ。

旧来の映像ストックをディスクメディアに置き換えようと考えた時に、必要な要素をシンプルかつ効果 的に提供してくれるのだ。

また、インタラクティブの特性を活かしたプロダクションのデモやプレゼンテーション。各種トレーニングなどの教育コンテンツ。企業内の映像ライブラリーや、学校などの映像記録メディアに、また、以前のテープメディアからの変換に。小回りの利く便利な構成になっている。

長時間ビデオテープからキャプチャーを行ってもMPEG2のファイルは、ディスクスペースに負担が少ない。ちなみに、試用で10分のビデオを標準設定の圧縮で取り込んだが、AVI形式でも2.3GBだが、MPEG2だと569MBとコンパクトだ。

1時間の素材でもAVI形式で15GB、MPEG2だと4GBにすぎない。

商品構成を見てみよう。

メインの基盤はシンプルなPCIボードで、標準のブレイクアウトボックスが利用出来る。

ビデオ編集ソフトは定番のAdobe Premire5.1を使用する。

DVDやMPEG2-CDのディスクオーサリングはMinerva Impression DVD(DVD2000ではImpression CD-Pro)を使用する。

音楽のループ編集が簡単に行えるSonic Foundry ACID Musicも標準でバンドルされる。

さて、今回の試用ではWindows2000を利用してインストールしてみた。

現在はOSの転換期でもあり、Windows98、NTと、ずいぶん迷われる方が多いだろう。

たしかに製品に標準でバンドルされるインストールCDでは、Windows2000未対応のドライバーしか入っていなかった。

まずPINNACLEサイトから最新のドライバーを落としておこう。さらにAdobe Premire5.1aもバージョン「c」にしておかないといけない。USAのAdobeサイトからアップデーターを落としておく。

忘れずにMinerva Impression DVDの2000対応バージョンも落としておこう。

インターネットに専用線で接続していない方には気の毒な大容量 のアップデーターや、バージョンアップソフトがあるので、覚悟してかかろう。

ちなみにImpression DVDの最新版をダウンロードすると35MBあった。

一般ユーザーはピナクルジャパンヘ最新のドライバーCDを要求する方が正解だろう。

基本的にドライバーは対応が出来ているようだが、各種の相性問題は自力でクリヤーしないといけない。マザーボードとの相性はBIOS設定だけでは回避できないことが多いので難問だ。筆者はTYANを使った。基本的にWindows2000は素直なOSだと思う。しかしNTベースのカーネルセットアップを多少は心得ていないと辛いかも知れない。

筆者のコンピュータ周辺機器で、CD-RがまだWindows2000に未対応なのでMPEG2- CDの制作までは確認できなかった。

DVD-Rや、DLTドライブへの書き出しはできるようだ。

DC1000のドライバーもbuild42では不安定であったがbuild44では、すっかり安定してきた。最終的にDC2000と共通 のFinalバージョンでは、すこぶる安定している。

これなら仕事に使える。

有り難いのはWindows2000ではデスクトップでアプリケーションを使わず簡単にビデオムービーファイルがプレビューできる。しかもAVI形式だとブレイクアウトボックスから通 常のビデオ再生まで行うことができる。素材のプレビューには重宝だ。

OSとしてかなり安定してきたWindows2000の上で使えるようになってきたことで、安心して仕事に利用出来る環境が整ったといえよう。

今回の試用に際して、もう一つディスク周りの実験もしてみた。

ビデオ編集で利用するハードディスクはかなりのパフォーマンスを必要とするので、筆者は常にSCSIを愛用してきたが、食べず嫌いもコストのバランスには避けがたく、ついにATA66のアレイを利用してみることにした。

FastTrack66という商品は、最新では100対応になっている。このPCIカードからEIDEのケーブルを2CHハードディスクへ連結出来る。合計4個のEIDEディスクが装着出来るが、今回は15GBを2台接続してみた。

アレイのタイプはパフォーマンス優先のストライプと、安全第一のミラーから選ぶ。

もちろんストライプだ。

このディスクはブートディスクにできるので、30GBのドライブ1個で全てを試してみた。OSのインストール時にF6を押して初期に大容量 外部記憶装置のドライバーをインストールしないと導入に失敗する。

さて、実際にビデオキャプチャーを実行してみるが、パフォーマンスは満足の行くものだった。従来の認識を改めさせられた。これなら低価格で大容量 のディスク環境が利用出来ると確信した。はっきり言って専用のコントロールボードを使った複数のEIDEアレイは、DC1000~2000のノンリニア編集におすすめです。マザーボード直はだめだよ。

再高品質(25Mbyt/s)のAVIファイルを1時間連続で取り込んでもエラーフレーム0は当たり前にしても、デュアルストリームの編集でトランゼション時にカリカリと頑張っているハードディスクに乾杯したい気分だった。

肝心のビデオ編集は、安定した動作でサクサクと実行出来る。確実なリアルタイム処理は安心出来る。FreeFX(3次元のDVE)はレンダリングが必要になるが、多才な表現が可能だ。価格相応で時間的にも我慢出来る範囲だ。

ディスク用にファイル変換して保存する際に、DVDオーサリングツールを自動的に連動して起動させることもできる。オーサリングはタイムラインにそった分かりやすい構成のクリップ配置にメニューを用意してリンクするだけの簡単操作だ。

終わればDVDをビルドするだけである。

今回はディスクイメージの作成までに留まったが、時期を見て完成してみたいと思う。

最後にDV500でも問題を指摘し、DC1000でも発生する各種設定画面 の文字ずれ(日本語OSでシステムフォントの大きさがあわない)を解消する方法を紹介しておこう。

DC1000~2000やDV500などで各種の設定画面の文字がはみだして見えないことが多いのだが、これは画面 左上からAboutを選択して、「Dialog text」チェックをはずせば、ご覧のように解決するので試してほしい。

Video Explorer II by Intelligent Paradigm

 

Video Explorer II技術解説レポート

2000-3-21

尾上泰夫

 

 

ビデオプロダクションの道具としてコンピューターが登場して以来、多くの製品が登場してきたが、Video Explorerほど放送用システム開発の自由度の高いビデオボードは珍しい。

Video Explorer IIは、1990年に発表されハイエンド・デジタルビデオ制作用ビデオボードとして業界をリードした旧インテリジェント・リソーシス社の「Video Explorer」のアーキテクチャを継承し、ビデオ入出力、フレームバッファリング、そしてリアルタイムビデオ処理機能を持った米国インテリジェント・パラダイム社のビデオ・プロセッシング・システムだ。

Video Explorer IIにより、従来は高価な専用システムやワークステーションでなければ実現できなかった様々な高品質ビデオ処理をPCプラットフォーム上でリアルタイム処理が実現出来る。

1999年春のNABでMSIC(Market Specific Integrated Circuits)理論を実践したチップを発表して、冬のInterBeeにはそのチップを採用したボードを完成した。

MSICとはインテリジェント・パラダイム社が開発したビデオ処理に特化され、且つ各々の処理に合わせてチップ内部の構造を変更可能な半導体技術だ。これまでのASIC(Application Specific Integrated Circuits)やDSP(Digital Signal Processor)、FPGA(Field Programmable Gate Array)と比較し、低コストで高性能、更に様々なビデオ処理に対応可能な画期的な半導体技術だ。しかもピクセルクロックが最大80MHzまで対応出来ることにより、非圧縮高精細テレビ(HDTV)信号までリアルタイム処理が可能だ。

MSICは今後のデジタル・テレビ放送開始に合わせて普及及び導入が予想される、デジタル家電製品やプロ仕様の放送機器に求められる高性能・低価格を実現するほか、HDTV、ビデオ・ゲーム、テレビ会議、PCを使用したマルチメディア、コンピュータグラフィックス、画像圧縮前後の補正処理、フィルタリング、及びセットトップボックスといった様々なアプリケーション向けに柔軟に対応できるようチップ内の仕様を再構成することができると同社 CEOのGeorge Sheng氏は語る。

今回は世界に4枚しかない貴重なプロトタイプのボードの1枚を試用する機会に恵まれたので、そのレポートをお届けする。

アプリケーションの完成した製品ではないので、開発者である米国インテリジェント・パラダイム社のスタッフとのインタービューを交えて、Video Explorer IIが生み出す未来を垣間見たいと思う。

Video Explorer IIはMacintosh、Windows及びLinuxプラットフォームのPCIバスに接続されるベースボードと、複数のドーターボードを組み合わせるシンプルなシステムだ。

ビデオルーティング回路を搭載したマザーボードと、各種ビデオフォーマット(アナログ (Composite, Component)、シリアルデジタルコンポーネント、シリアルHDTV(予定))をサポートするドーターボードとフレームバッファにより構成される。

アナログからデジタル、そしてHDTVまでをサポートする事により、今後の放送/映像のデジタル化への移行を低コストで実現可能だ。Video Explorer IIには、インテリジェント・パラダイム社が開発し提唱するリコンフィグラブル・シストリック・ビデオ・プロセシング・チップ「MSIC」ベースのカスタムLSIが搭載されており、非圧縮ビデオストリームに対する様々なビデオ処理をリアルタイム処理が可能で、プロフェッショナルユーザに不可欠な高度なビデオタイミング調整も可能だ。

高いビデオプロセッシング性能を持つVideo Explorer IIは各種ビデオ形式、解像度、データワードサイズ、及びタイミングをサポートしているため、今後の映画や放送など高品質映像を扱うプロフェッショナルユーザには不可欠な製品だという。

更に独自開発の高速ビデオインターコネクト「MediaBahn(メディアバーン)」により、同一コンピュータ上で複数のVideo Explorer IIシステムの構築や各種サードパーティー製高機能ボードが接続可能で、様々な用途に対応出来る拡張性を持ったビデオ・プロセッシング・システムだと開発に携わるDavid R. Powell氏は力説する。

Media Bahnとは放送/映像業界において、実績と定評のある旧インテリジェント・リソーシス社のVideo Bahn (ビデオバーン)の技術を継承したビデオ専用のハイスピード・ビデオ・インターコネクトだ。通 常のコンピュータバスとは違い、ビデオ信号をタイムスロット方式により高速にビデオ信号を転送する事が可能で、非圧縮ビデオデータ(4:4:4:4 10bit)を最大で3ストリームまで同時双方向転送が可能だ。Media BahnによりMSICチップ間または各ボード間の接続が可能だ。インテリジェント・パラダイム社では今後Media Bahnのインターフェイスの公開も予定しており、サードパーティー各社によって様々な高性能/高機能ボードが接続される可能性を持っている。

ソフト環境についても、放送システムとして従来のスポーツコーダーを始め、キャラクタージェネレータ、バーチャルスタジオシステムなどの分野でVideo Explorer IIを利用すればこそ可能な開発もあり、重宝されることだろう。

Video Explorer IIは、標準の各放送ビデオフォーマットをサポートしているため、ビデオ・ディスプレイ・ボードとしても機能する。

また、以下に示すモードや機能も標準でサポートしている。

●フェード、ワイプ、ブレンド、キー等の特殊効果

●ディジタル・ビデオ・エフェクト

●外部のライブ・ビデオ・ソースとの同期(GENLOK

    • MediaBahnTMインタフェースによる他の高性能ビデオボードとのリンク

現在Video Explorer IIは、アップルコンピュータ社のOS9上でQuick Time 4ソフトウェアをサポートしており、平行してWindowsNT_2000とLinuxプラットフォームへの対応も準備していると言う。

稼動すれば、高価なワークステーションパワーを用いなくても、デジタル・エフェクト(DVE効果 )、フレーム・キャプチャ、キャラクタ/テロップ生成、画像編集/合成、フィルタリング、カラースペース変換等を行う各種アプリケーション・ソフトウェアによる様々なビデオ処理に対してリアルタイム処理が可能になる。

更にライブ・ビデオ・ソースやコンピュータ・グラフィックス等をリアルタイムで組み合わせることができるほか、一つのVideo Explorer IIで複数のビデオ効果を同時生成することや、様々なデジタルビデオフォーマットの変換、カメラ、コンピュータ,ビデオ信号等の表示・記録といった、複数ライブ・ビデオを使用するプロフェッショナル用ビデオ・システムに容易に統合することが可能だ。

静的ビデオ(スタティックビデオ)は、コンピュータ・グラフィックス・プログラムやカメラ、VTR等の外部ビデオソースからVideo Explorer IIへ入力された一つのビデオイメージを意味する。このビデオイメージは静止画またはフリーズフレーム(コマ止め画像)として表示され、Video Explorer IIによって処理され、標準のコンピュータベースの画像フォーマットでディスクに保存することができる。これらの画像は、最高24ビットのカラー解像度(最高1,670万色)で、Video Explorer IIからコンピュータ画面 に直接表示することができる。Video Explorer IIは、最高1ピクセル当たり64ビットのビデオ処理が可能だ。

動的ビデオ(ダイナミックビデオ)は、カメラ、VTR、ビデオディスクプレーヤー、その他MediaBahnソース等の外部ビデオソースから連続で捕捉される入力されるビデオソースだ。Video Explorer IIは、NTSCPAL、及びSECAMタイミング規格に対応するビデオフィールドとフレームレートで、動的ビデオを入力する。

ビデオストリームがVideo Explorer IIシステムを通 過する時、各デバイスにリアルタイム出力(モニターへの表示、フレームバッファへの入力、VTR等への出力)する前に、強力なビデオプロセッサ(MSIC)により各特殊効果 処理をリアルタイムに行う。

ホストコンピュータとの間で非圧縮ビデオデータのリアルタイム入力を要求されるアプリケーションでは、Video Explorer IIのフレームバッファを使用し、オンボードDMAエンジンを介してビデオフレームを個別 にホストコンピュータへ入力する。非圧縮ビデオデータの再生もこれと同じ方法で実現される。フレームバッファによるビデオストリームの再生は、Video Explorer II内の全てのビデオストリームとリアルタイムで組み合わせることができる。

THE VIDEO EXPLORER II BOARD

Video Explorer IIの物理的特性、基本的なシステム構成、及びインタラクティブ機能について見てみよう。

Video Explorer IIはコンピュータの1つのPCIスロットを使用し、1枚のマザーボードと2つのモジュールで構成されている。ボードの前段にあるドーターボードモジュールはビデオ入出力に使用され、ボードの後段のモジュールはフレームバッファとして使用されている。

Functional Blocks

Video Explorer IIは複数のファンクションブロックとして動作する。これらのファンクションブロックは、ビデオメモリからのビデオ・ストリーム・データの読み込み、色の変化やブレンディング等の高度なビデオ効果 の生成等、各種動作を実行する。また、このVideo Explorer IIは、直接ビデオに対して動作するのではなく、他のファンクションブロックの動作を制御するファンクションブロックも特長として備えている。

機能ブロックには以下のブロックが含まれる。

I/O Connections

Video Explorer IIボードの下端に位 置しているPCI InterfaceはコンピュータのPCIスロットに接続する。PCIインタフェースはコンピュータシステムとの全ての通 信経路を提供する。例えば、コンピュータは、グラフィックスやソフトウエアの命令をこのPCIインタフェース介してVideo Explorer IIカードに転送する。

Video Explorer IIボードの上端に位 置しているMediaBahnコネクタは、複数のVideo Explorer IIカード、他のMediaBahn互換ボード、及びMediaBahnインタフェースをサポートする外部機器との相互接続を可能にする。このコネクタは、MediaBahnインタフェースを介してPCIカード間の高速ディジタルデータ転送を容易にする。MediaBahnデータバスとMediaBahnデータフォーマットについては、インテリジェントパラダイムの別 の資料で解説する。

I/O Daughterboardコネクションは、ドーターボードがVideo Explorer IIボードのコンポーネント側と直接接続する部分だ。このI/Oドーターボードは、現在Analog ComponentAnalog Composite、またはSerial Digital Componentのビデオ入出力が可能だ。ドーターボードは外部同期信号(GENLOK信号)によって複数のビデオ機器を同期できる。コンピュータの後部パネルから伸びるカスタム設計のビデオケーブルは、ビデオカメラ、レーザディスクプレーヤー、ビデオモニタ、及びビデオ・テープ・レコーダ(VTRs)等の外部ビデオソースに接続する。IEEE-1394FirewareTM)とSerial HDTVをサポートする入出力ドーターボードも2000NABで発表する。

Framebuffer and Feature Module Connections

Video Explorer IIボードには、ビデオ入出力以外に機能拡張用の2つの接続部がある。これらは、フレームバッファ及びフィーチャーモジュール接続と呼ばれる。これらの接続部によって、プラグインモジュールの装着が可能になる。これらの接続部に接続されたモジュールは、サイズも同一で電気的にも等しいものだ。

現在、フレームバッファモジュールは、ホストコンピュータの主記憶とは独立して、ビデオ・ソース(静的及び動的)用のディジタル画像データ格納用に32 MBメモリを搭載している。Video Explorer IIのフレームバッファメモリは、イメージキャプチャー、画像表示、リアルタイム・ビデオ・エフェクト、そして最高64ビット/ピクセル(コンポーネント当たり16ビットの精度)の表示モード機能をサポートしている。なお、32ビット/ピクセルを超えるデータにアクセスするには、特別 なアプリケーションが必要だ。

Video Routing Circuit

Video Explorer IIは、パス操作の目的と同じ方法で、静的及び動的ビデオを取り扱う。オペレーション上は、Video Explorer IIは、ソフトウエアによって制御される一つのルーティング回路によって相互接続された機能ブロックの集合体だ。Video Explorer IIの構成可能なアーキテクチャは、ほとんど全ての構成において機能ブロックを再配置することができる。つまり、機能ブロックを必要に応じて割り当て、接続することを可能にしている。

このビデオルーティング回路は、Video Explorer IIボード上の各種機能ブロックに接続を提供する汎用インターコネクト機器だ。このルーティング回路は、ビデオソースの相互接続を実現するために、MediaBahnの概念を採用している。任意の2本のMediaBahnパス(wideまたはnarrow)間を接続することによって、実質的にいかなる配列にも対応できる。

この柔軟な設計が洗練されたビデオ効果 を可能にしている。Video Explorer IIが提供する全てのモード、機能、及びビデオエフェクトは、設計者が最初に可能だと考えたよりも多くのパスの組み合わせが存在するので、システムを開発するデベロッパーと共同で拡張を考えていく予定だ。

MediaBahn Paths

Video Explorer IIのルーティング回路は、ビデオストリームを定義するために多くのMediaBahnパスを活用している。これらのパスは、ビデオストリームを1つの機能ブロックの出力から、他の機能ブロック(1つまたは複数)へ入力接続する。

Video Explorer II上で使用される規約は、1つのビデオストリームを1つのパスのタイムスライス(1つまたは複数)を占有することと定義している。代表的なビデオストリームは次の成分で構成される。

Y luminance (or green) component

U (or B-Y or blue) component

V (or R-Y or red) component

transparency or alpha component

YU、及びV成分は、コンポーネント・ビデオ・データを含み、アルファ成分は、トランスペアレンシー(透明データ)を含んでいる。3つの成分しか持たないパスは、アルファ成分が存在しない時以外は、4つの成分を持つパスと同じだ。

Video Explorer IIRGBカラーに限らず、成分はYUVまたは別 の非RGBカラースペースの場合もある。同様に、サンプリング速度も4:4:4:4である必要はなく、4:2:2:4等でも構わない。異なるタイプのビデオストリームはルーティング回路を通 って取り込まれ、異なったストリームを使った処理を可能にするMSICにかけられる。

Line Buffers

ラインバッファは、水平ラインを遅延(1本または複数本)させるために使用する。これはフィルタ処理において垂直成分のために主に使用されるが、特殊効果 処理にも使用することができる。

Pixel Clock Distribution

Pixel Clock Distribution回路はVideo Explorer IIボードにピクセルクロックを提供する。

Local Bus

ローカルバスインタフェースは、ホストプロセッサとVideo Explorer IIボード上のファンクションブロック間の主要インタフェースだ。

MSICs

Video Explorer II内の最も強力なファンクションブロックの1つがMSICMarket Specific Integrated Circuit)アレイだ。このMSICアレイは、Video Explorer IIがピクセル速度におけるリアルタイム・ビデオ処理を実行するために使用する3つのカスタムMSIC処理チップで構成されている。MSICアレーは、ビデオストリーム上で、変換、ブレンド、フィルタリング、及びこれらの動作の切り替えを実行する。

MSICは、入力部、出力部、及びコアプロセッサで構成される。入力部では、取り込まれたデータストリームを処理するために共通 のデータフォーマットに変換され、他の取り込まれたストリームと同期する。この入力部は最高4つのビデオストリームを同時に処理する。これらのストリームの全てが共通 のフォーマットの場合には、それらはコアプロセッサに送られる。コアプロセッサは汎用処理エンジンで、多くの異なる処理タスクを実行できるよう構成されている。この処理の結果 は、その後で指定されたビデオフォーマットに再度変換される出力部へ送られる。

SYSTEM PERSPECTIVE

Video Explorer IIはソフトウエアにより様々な処理が可能なディジタル・ビデオ・エンジンで、特殊効果 生成、フレーム・キャプチャー、キャラクター・ジェネレーション、画像編集、2D及び3Dモデリングとレンダリング、アニメーション等をサポートする各種アプリケーションソフトウェアによって機能する。コンピュータと共に使用することで、1枚のVideo Explorer IIボードは、ライブ・ビデオ・ソース、コンピュータグラフィックス、及びコンピュータアニメーション等をリアルタイムでデジタルデータとして組み合わせることができるのだ。

Video Explorer IIは、1枚のボードセットで、複数のビデオ効果 を同時に生成することが可能で、放送品質のビデオを制作するためのビデオカメラ、コンピュータ、ビデオ信号等を表示/記録するなど、複数ライブビデオを使用するプロフェッショナル用ビデオシステムに容易に統合することができる。

また複数枚のMediaBahn対応ボードを相互に接続すれば、システム内で各ボードが別 のボードにビデオ効果を渡すことができるため、より精巧なビデオ効果が実現できる。

従って、複数枚のボードを使用したシステム用に設計されたアプリケーションは、Video Explorer IIのパワーを十分に生かし、柔軟性を持たせる事が可能だ。

今後はアプリケーションデベロッパーとの連携を強固にして優れたシステムの基盤となることを期待すると共に、Linux対応からオープンソースへのドライバー開発と、普及に拍車がかかることを願ってやまない。

取材協力:インテリジェント・パラダイム社 日本事務所  03-5684-7585

 

 

 

2000-03-03

尾上泰夫

 

DV信号とアナログ信号を、双方扱えるリアルタイムノンリニアシステムとして、PINNACLE SYSTEMSがマーケットへ送り出すのがDV500だ。

PINNACLE SYSTEMS DV500

 

DV500ボード

 

 

miroVideoを製作するドイツのメーカーがPINNACLE SYSTEMSに買収されて誕生した新製品だ。

2030万円レベルの価格帯は、ハイアマチュアから社内業務用にも利用できる広い市場で、カノープスDV REX-RTや、MATROXRT2000など、ライバルも多いところだ。

この分野でのファイルフォーマットはMPEG2を利用したり、DVそのものを利用する製品などバラエティーに富んでいる。

注意したいのはDVDを作るつもりで最初からMPEG2を考えても、ビデオ編集で利用するMPEG2DVDで使用するMPEG2は設定が大きく違うので、必ず再変換を行うことに成ることを知っておきたい。DVで編集してMPEG2に変換することが特別 不利なわけではないので、比べる際には利用する用途を考え、重要なサポート関係も含めて決めていただきたい。

ともあれ、この分野は、DVDの安価な制作を目指す方には魅力的な選択肢となるだろう。

 

さっそくDV500のスペックを見てみよう。

エンコードメソッドはDVネイティブ25Mbit/sの信号そのものを使用するタイプで、720×480ITU.R601をサポートしている。保存形式はAVIで、編集時にはリアルタイム処理され必要なデュアルストリームの50Mbit/sを可能にしている。IEEE1394を使用したインターフェースで、DVカメラやVTRから変換ロスの無いデジタルビデオを入出力できる。

予算の少ないCS番組などのブロック素材編集に、ディレクターが自宅で利用することが可能だろう。

 

ブレイクアウトボックス

 

アナログポートは、ブレイクアウトボックスを介してS-VideoY/C)とコンポジット(CVBS)を接続できる。

オーディオもDV32kHzからCD品質の44.1kHzと、DVDで利用する48kHzをサポートしている。

MPEG2への変換時に行うビットレイトコントロールはコンスタントビットレイト(CBR)とバリアブルビットレイト(VBR)を選択できる。

 

DV500のパッケージを開けると、色々なソフトがバンドルされている。

ビデオキャプチャーを画期的に簡単にしてくれるINSTANT Video RTをはじめ、

ビデオ編集ソフトの定番とも言えるAdobe Premiere5.1RTにピナクルが得意とするキャラクタジェネレータソフトのTitleDEKOを搭載。

オーディオを簡単に加工したり、簡単にBGMを作れるSonic-Foundry ACID Musicも標準添付だ。

さらにCDDVDを制作するMinerva Impressionはユーザー登録を行うと郵送されてくる。

使用OS Windows9898SENT4.0SP3以上)である。

今回筆者がインストールしたのはPentiumIII500MHz512MB RAM36GHDSCSILVDWindowsNT4.0の環境だ。

後にわかるのだが、Windows98でないと3Dエフェクトが有効にならないことがマニュアルを開けると明記されていた。実際に導入するときにはWindows98を選択しないと意味が無いことになる。

インストールされたソフトの設定を行ってみよう。

 

 

オーバーレイ標示設定

 

 

セッティングパネルではシステムフォントが日本語環境で合わずに表示半分が隠れてしまったが、これはすぐに解決してほしい。外部モニターへの出力設定もここで行える。

 

入力信号設定

 

DVカメラはSONY DCR-PC100iLinkからDV信号の入力で試してみた。アナログ入力時はビデオ信号の調整が可能だ。

    フォーマット設定

 

日本では当然NTSCの設定になる。必要なら2GBの壁を超えて12TBのファイルまで作ることが出来る。

 

 

オーディオ設定

 

オーディオはDVDで利用するなら48kHzで設定しておこう。

 

miroの標示が残るロゴ標示

 

ここで注目のソフトをお目にかけよう。miroVideoの標示が残るDVToolsというソフトは限られたハードディスク容量 を考えたときに大変在り難い機能を提供してくれる。

 

 

ハードウェアの状態をチェック

 

 

始めにビデオキャプチャーや編集に必要なパフォーマンスを得られているかどうかをチェックすることで、安心して作業ができる。DV圧縮とはいえ、ディスクパフォーマンスには気をつかわないと、コマ落ちなどを発生する元になる。

 

 

テープ素材のカットシーンを検出

 

 

ボタンを押すだけで自動的にテープを巻き戻して撮影したテープからカット変わり情報をスキャンしてポイントのサムネール画像を自動で作ってくれるのだから、これは助かる。

 

 

カット変わりのシーンを標示

 

 

タイムコードと静止画の並んだシートをプリントアウトして、素材テープと共に保存すれば記録としても重宝する。

 

 

必要なシーン素材を直接選ぶことも出来る

 

 

もちろん自動選択だけでなくマニュアルでシーンの決定を行っておけば無駄 も省ける。

 

 

完成イメージでカットシーンを並べる

 

 

素材カットが整列したら、中から必要なカットだけを並べてみよう。

この順番にキャプチャーしたファイルネームに連続番号がふられるので、整理しやすいように考えられている。

 

 

必要なカットをキャプチャー

 

 

カットが順番にキャプチャーされていく。実際に取り込むファイルが最小限ですむので、ハードディスクなどの容量 が厳しいと場合には特に在り難い。

 

 

クリップの情報

 

 

取り込まれた素材クリップのテープ上のデータも的確に把握できる。

 

 

Premiereビデオでの編集

 

 

ビデオクリップが取り込まれた後はPremiereで編集することになる。操作はソフトだけで編集する場合と同じで、異なる点は、外部モニターで、そのまま編集画面 を確認できることと、リアルタイムでエフェクトをかけられたり、テロップを入れてもレンダリングが必要ない点などだ。

 

 

基本設定

 

 

基本設定を確認しておこう。DVからの取り込みは標準でドロップフレームになる。

 

 

デバイス制御を設定

 

 

もちろんPremiereのデバイスコントロールを利用してキャプチャーも行える。

コントロールできるデバイスはDVデッキだけなので、その他のデバイスはマニュアル操作でコントロールする必要がある。

スクラッチディスクも高速のメディア専用ディスクを設定しておこう。

 

 

リアルタイムが有効になる効果

 

 

これがWindowsNTでリアルタイムで実行できる効果 だ。Windows98だと、これにFreeFXと呼ばれる3次元効果 が加わる。

 

 

効果設定のパラメータ変更

 

 

設定した効果には微妙な変更を加えることが出来る。ボーダーを加えて色を設定することもできる。

 

 

キャラクタジェネレータTitleDeko

 

 

業務用のシステム同様の品質を発揮するキャラクタージェネレーターは価値がある。

ピナクルのDekoシリーズはハイエンドのスタジオ仕様から、デスクトップのバンドルまでライバルを上回る抜けのよさとスタイルのバリエーションが、使いやすい操作性で提供されている。

 

 

フェースでのグラデーション設定

 

 

テロップの上面になるフェースでのグラデーションや、シャドーなどの調整が追い込める。

 

 

簡単に選択できるフェース

 

 

多くのプリセットされたフェースがあるので、選ぶだけで簡単にきれいな設定を完了できる。

 

 

フィルター効果一覧

 

 

ビデオクリップはフィルターをかけることで、さまざまな効果をかけることが出来る。

効果の具合は2箇所のキーフレームで変化を連続的に設定できる。

 

 

インバート効果の調整

 

 

反転(インバート)効果も連続して変化させることがリアルタイムで可能だ。

 

 

ムービー出力を行う

 

 

完成したムービーはビデオに出力するほか、ムービーファイルとしてコンピュータで利用したり、DVDに変換することが出来る。

 

 

フォーマットにMPEG2を選択

 

 

出力フォーマットにMPEG2を選択してみる。

 

 

MEPG2の設定

 

 

こまかなGOP設定などは標準で行うことをお奨めする。

DVDとしてオーサリングを行う場合は10Mbps以内で映像と音声のデータを収めなくてはならないので注意。

 

 

オーサリングソフトへの伝達情報設定

 

 

タイムライン上でマーカーを打っておくと、DVDのチャプターとして利用することが出来るのでこの情報も伝達できるようにしておこう。

 

 

DVDオーサリングソフト

 

 

変換をはじめるとオーサリングソフトが自動的に立ち上がる。

タイムラインを利用したユーザーインターフェースで、フローチャート方式のインターフェースではなく、ビデオ編集の感覚で行なえるタイムライン上にクリップを配置する方式を採用している。

これは、企画制作の現場で台本を書く際に、コンピュータソフトのようなフローに不慣れなビデオ制作者には歓迎されるだろう。

従来どおりの時間軸の台本にリンク先を指定するような方法で表現が可能だ。

ムービーファイルは、タイムラインへそのままドラッグ&ドロップすることで登録される。

DVDビデオのNEXTPREVのリンクは、この順番に依存する。

 

 

わかり易いインターフェース

 

 

現実にDVDを制作する場合はDVD-Rを必ず必要としてしまうが、まだまだ高価なため、このクラスの機種と予算で制作を考える場合ネックになるケースが多いだろう。

 

 

DVDのイメージファイルの書出し

 

 

でも、コンピューターのDVD-ROMを搭載したユーザーに向けては、CD-Rでイメージファイルを焼き付けてDVD映像を楽しんでもらうことが出来るのだ。

つまり、CD-ROMMPEG2のデータを入れてDVD再生ソフトで読み出すのだ。

もちろん時間は、容量が7.2Gで在るはずのDVDから650MCDが少ない分大幅に減るが、プロモーションなど、短時間のものなら大丈夫だ。

 

 

CDへのDVDファイル書出し

 

 

さらに、MPEG2のデータは大画面できれいに再生可能な上、データとしても軽いので、LANを経由した社内のファイルサーバーなどに入れておけば、ネットワーク端末のDVD再生ソフトから再生しても利用できる。従来はMPEG1で行っていたプレゼンテーションソフトからも利用できればデスクトップでのプレゼンテーション映像が飛躍的に向上するのだ。詳しくは筆者までメールをいただければネットワーク配信のお手伝いができる。現在では、多少のファイル変換の知識が必要になるが、早晩、優秀なソフトが登場して、手をかけずに、このあたりの作業をこなしてくれるようになるに違いない。

 

DV500は個人の道具として高品質な映像を加工するコストパフォーマンスに優れている。

今後はマニュアルの日本語化やソフトの日本語表記、迅速なドライバーのアップデイトなど、日本市場にあった商品化を期待したい。

Apollo Expert by DV Studio Technologies, LLC

「お手軽価格で簡単にDVDビデオ制作」

尾上泰夫

 

ビデオ作品を入れる12センチのディスクがビデオテープのリプレイスに走り始めた。

DVDは長時間の映像作品を、入れておくだけではもったいない機能が多い。

テープメディアでは不可能なランダムアクセスや、エンドレス再生など、便利な機能はプロモーションや、マニュアルなど業務用のビデオ作品にありがたいものだ。しかしDVDへの制作費が高価過ぎる現状では遺憾ともしがたい。

そこにApollo Expertが登場だ。

安価にMPEG2エンコード、デコードをリアルタイムで行い、DVDフォーマット(ディスクイメージ)への変換機能を提供してくれる。

現在のパッケージではオーサリング機能はない。純粋にビデオ映像をDVDディスクにするだけである。要望の多い単純コピーを、割り切って作業が出来るのだ。

さっそく試用してみよう。

コンパクトなパッケージの中にはハーフサイズのPCIカードが入っている。

プラットホームはWindowsNT4.0のサービスパック3以上を前提にしている。

必要なシステム条件は以下のとおりだ。

CPUPentium II 350MHz以上を推奨。筆者の環境はPentium III 500で試用した。

メモリ: 64MB128MB推奨)筆者の環境は512MBで試用した。

HDD: 映像データ容量の4倍の空き容量 (DVD制作の場合)

スロット:PCIバスの32bitマスタースロット。スレーブスロットでは動作しない機種もある。

ディスプレイ:1024×768ドット表示が出来るモニター。

その他に映像を確認するためのNTSCモニターも用意しよう。

映像接続はS端子のコンポーネント(Y/C)と、RCA端子のコンポジット(CVBS)が入出力用意されている。音声はミニプラグステレオ端子が入出力ある。インピーダンスの変換機能はないので事前にアンバランスにそろえておく必要がある。

さてインストールしたソフトを起動させてみよう。

大きな画面のApollo Expertは、わかりやすいユーザーインターフェースになっている。

作業は大きく分けて3段階。はじめにキャプチャーを行い、プレイバックの確認をし、DVDフォーマットへ変換する。これだけである。

手順ごとにタブで切り替わる画面のCaptureを選択して映像取り込みの準備を行う。

ビデオ関係の方には、聞きなれない言葉が多いのがDVDでのファイル構造だが、一度設定してしまえば悩むことはない。

画面左上からMUX StreamNoを選択する。これはキャプチャーした映像と、音声を別 ファイルにしておく設定だ。

Encode Videoと、Encode AudioYesを選択して、それぞれのFileの保存先を指定する。

デフォルトではCドライブのDataディレクトリに設定されるが、別 ボリュームに作業スペースを設定しよう。

ちなみに、WindowsNTではOSのあるCドライブは4GB以上にならないので、DVD制作の場合には、最終的に必要な映像容量 が4.7GBだとすると、4倍のスペースである18.8GB以上のドライブを用意しておくことになる。録画できる時間は、次に設定するビットレイトで変わってくる。

Video Setup で制作ごとに調整が必要なところはBit Rateだ。

Bit Rate ModeCBR(コンスタントビットレイト)と、VBR(バリアブルビットレイト)を適時選択する。

デジタル映像はデータ容量と品質がトレードオフの関係にある。

高品質の映像には大容量のデータが必要になり録画時間は短縮される。逆に長時間録画が必要な場合は、品質を削っていくことになる。この兼ね合いが重要だ。

VBR Controlを見てみよう。一般 的に品質を重視する短時間の作品、固定のビットレイトで取り込めるCBRDVDの許容限度のビットレイトである9800KBを選択することが多いだろう。

逆にデータ容量を減らしていきたい場合は、画面の必要な情報量 に応じた可変のビットレイトを設定できるVBRを選択することになる。

VBRの設定は、平均となるAverage Bit Rateを下げていくことで、ファイル全体の容量 を加減できる。さらに、必要な品質を得るためにPeak Bit Rateの設定で上限を加減することが出来る。

Encoding Controlで画面の色調などを整えることも出来る。

簡単なカラーコレクションになるので家庭用ビデオカメラで収録された映像をキャプチャーする際には重宝する。

オーディオはDVDで利用するなら48KHzのWAVデータか、MPAを選択しておこう。

Input Gainで過入力にならないよう調整しておく。

各調整が終わったら、ビデオ素材を走らせて必要な場所からRecordボタンを押すことでエンコードが始まる。

エンコードを一時停止して、他のビデオ素材に変えて連続録画も出来るので、正確には出来ないが、簡単なカット編集も可能だ。

取り込まれたデータは、直ちにPlayback画面 で再生して確認することが出来る。

問題がなければ、すぐにDVDフォーマットのデータにマルチプレックスが出来る。

この工程で出来たデータは、パソコンのDVDデコーダで共通 のDVDビデオとして再生できるので、ネットワークを利用したイントラネットでの映像配信にも面 白い方法だ。もちろんCD-ROMなどでデータを配布することも可能だ。

メニュー画面などを設定するオーサリング機能はないので、別 途のオーサリングソフトを準備する必要がある。純粋のDVDビデオを作成するためには、この他、高価なDVD-Rライターと、DVD1枚焼きのためのソフトが別 途必要になる。

Apollo Expertのエンコード品質は、価格を考えると良好だといえる。

従来の最終納品がVHSテープであったことを考えると、ダビング性能は確実に上回っている。

出版などの大量なDVDビデオ制作ではなく、数枚のDVDビデオを利用する用途には大変ありがたい価格での製品だ。

デッキ制御や、MPEG2編集、DVからの取り込みもバージョンアップが予定されている。

オーサリングソフトをバンドルしたオプションのバージョンも用意されるようなので、仕様が決まり次第にさらに使い勝手を検証してみたいと思う。

 

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちデスクトップビデオカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはセットトップボックスです。

次のカテゴリはノンリニア編集です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Copyright 1996-2007 & copy; DreamCraft