どりくらTV 49D 東京ユビキタス計画

| | コメント(0)
銀座ユビキタス計画試作端末の使い勝手 石原都知事の力が入る、TRONベースの携帯情報端末“ユビキタス・コミュニケーター”(UC)と、無線ICタグや2次元バーコードなどで場所に振られたID(ucode)を利用して、観光ガイドや道案内を提供するプロジェクトで、昨年11月には上野動物園でも同種の実証実験が行なわれている。 今回は、銀座を舞台にUCを手に実際に街を歩いてみた。 使う機能、興味のない機能、便利な機能、そうでもない機能、使い勝手は人それぞれ。 UCは銀座探索の役に立つのかな!?

コメントする

このブログ記事について

このページは、DreamCraft Staffが2007年10月10日 16:46に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「どりくらTV 48D デジタルコンテンツ水晶振動子」です。

次のブログ記事は「どりくらTV 56D キャステラってなあに?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Copyright 1996-2007 & copy; DreamCraft